きらっとがこだわる介護への理念

介護保険法第1条の「目的」には、自立支援を目的としてサービスを提供すると明確に示されています。

わたしたちは、この考え方に基づき運営してます。
とかく年を取れば、衰えていく、これは自然の流れで、仕方のないものと考えがちです。
わたしたちは、そうではないという信念を持って取り組んでいます。

この衰えて行こうとする流れの速度をゆるめ、せき止め、逆流させることが本会の使命と考えています。さぼれば、劇的にレベルは低下する反面、がんばってもなかなか結果は現れない空しいものです。

それでも日々こつこつと、がんばり続ける利用者に寄り添い、一人一人の世の営みの中身を高めていきたい。これが、本会が目指す活動です。

 

長さでは計れない命の尊さがありますよね。

あきらめず、強い志を持って、人生を歩めば、何か光が差し込んできます。
無理と思わず、ちょっと背伸びをした日常生活の積み重ね。
これが、本物の老後の人生であり、生かされている命の尊さです。

 

そうなるも、ならないも、自己選択・自己決定により決まります。

ただ、我々に寄り添うだけでは、満足げな日常生活は、遠のきます。
ちょっと高みを目指して、自ら行動を起こし、それに寄り添い、元気づけ、やる気を呼び起こすのが、我々の立つ位置です。
中味の濃い平凡なことの積み重ねから、「幸せ」を感じ取れるのではないでしょうか。
「心あるところに宝あり」良き老後を送ってほしいものです。

 


 

  • 介護に関する無料相談受付中 0774-54-7232

  • TOPへ戻る