介護サービスの種類

介護サービスには、様々な種類があります。
下記に記載していますが、大きくわけて、在宅サービス施設サービスに分かれています。
まずは、在宅と、施設を知るということから学んでいきましょう。

在宅サービス

基本的には自分の住まいを待ち、そこで生活をしているその居住者に対して提供される介護サービスを「在宅サービス」と言います。
主に、下記のようなサービスや介護施設、業態が「在宅サービス」と呼ばれています。

訪問介護

ホールヘルパーの資格を持った介護職員が、生活のサポート(生活援助)や、介護のお手伝い(身体介助)を行う介護サービスです。
基本的に「訪問介護」というその名の通り、ヘルパーの資格を持った職員が、自宅へ訪問してお手伝いしてくります。

生活援助には、洗濯や調理、お掃除などがあり、身体状況に合わせて介護保険を活用してこれらのサービスを受けることが出来ます。
身体介助はトイレなどの排泄、食事のサポート、入浴のお手伝いなどがあり、身体状況に合わせて介護保険を活用してこれらのサービスを受けることが出来ます。

「自宅で生活をしたい」そんな方にオススメの介護サービスです

 通所介護(デイサービス)

「通所」 と名前がついていますが、文字通り「通う」介護を言います。
基本的には送迎をしてくれる施設が多いですが、通う時間、滞在時間、一日の定員数やサービス内容は施設によって異なります。

食事・入浴・リハビリなど、様々なサービスの違いがありますので、身体状況や家庭環境などに応じてサービスを選択するのが良いでしょう。

 

「家で引きこもりになっていたくない」方にオスススメの介護サービスです

 施設サービス

いわゆる「老人ホーム」などと呼ばれる「介護の機能を兼ね備えた」住宅型の介護施設です。
高齢者自身に居住地として住んで頂き、24時間の見守り、介護サービスを提供しているというのが特長です。

ひとえに施設介護と表現しても、様々な種類がありますので、下記から詳細をご確認下さい。

グループホーム

認知症の方向けの小規模の介護施設です。
定員数は9名と決まっており、居住者で共同生活を行い、介護職員が生活全般のサポートを行います。

小グループでの入居施設ですので、比較的家庭的な介護施設といえるでしょう。

「認知症が心配だから」という方にオススメの介護施設です。

有料老人ホーム

住宅型有料老人ホーム、または、介護付き有料老人ホームがこれに該当します。

それぞれ、少し内容が違いますが共通していえるのは、どちらも、基本的には介護や食事などの介護サービスがついており、24時間の見守り、介護サポートを行う機能が付いているということです。不安なく過ごせ、また必要に応じて介護サービスを活用できるため、元気な高齢者もたくさん住んでいます。

住宅型有料老人ホームの特長としては、高級型の施設もあれば、手ごろな価格の施設もあり、提供しているサービスの内容や施設のつくりはその施設によってずいぶんと違います。

暮らしのサポートを受けながら、身体状況に合わせて訪問介護などの介護サービスを利用して生活を行います。また、入居時には入居一時金がかかる施設も多くありますので、入居を希望される場合はしっかりとサービスの内容を確認して決めましょう。

介護付き有料老人ホームは、文字通り「介護付き」とあるように、その施設の中で特定施設生活介護を受けながら生活をしていきます。

どちらも、「老後の不安なく、こだわった環境の中で生活したい」という方オススメの介護施設です。

特別養護老人ホーム

常時、介護が必要な高齢者で、寝たきり、認知症など自宅生活が困難になった方が入居する介護施設です。自立生活が困難な方が中心ですので、これまで紹介してきた介護サービスの中で最も介護度が重たい方が入居している介護施設といえます。

当然、24時間のケアを行っており、食事、入浴、排泄などの介護サービスはフルサービスで提供しています。

しかしながら、現状は居室数が少なく足らないため、入居待機者がとても多い施設です。介護の必要性が高い方の入居を優先にするよう、制度化されていますので、必ず入居ができるとは限りません。

その他の介護施設

他にもいろいろなサービスがあるますが、そのすべてを文字だけで理解するのはなかなか困難です。上記以外のサービスの活用をご検討されている方に関しては、下記の窓口へご相談下さい。

介護支援専門員が無料でご相談にのります!

 


 

  • 介護に関する無料相談受付中 0774-54-7232

  • TOPへ戻る