介護保健の使い方

介護サービス、介護施設を利用したい場合、通常は介護保険を活用して利用します。
介護保険の適用は基本的には、40歳以上のすべての人が対象となります。
手続きなどをせずとも自動的に40歳になったその日から、加入する仕組みになっています。

介護サービスを活用する場合、現在の介護保険法では利用者負担金額は基本的には1割とされていますので、しっかりと介護保険を理解し、要介護認定を受け、うまく介護保険を活用し、生活の支えとしてご利用いただくことをオススメ致します。

介護保険法とは?

高齢化により日常生活が困難になる国民の生活をサポートするために、2000年より介護保険制度が導入されました。 医療保険とは違う保険制度です。

40歳以上から全ての人が加入する仕組みになっていますが、その中でも介護保険の被保険者の対象となるのは第一号保険者と第二号保険者に別れています。

 

・第1号被保険者:65歳以上の方
・第2号被保険者:40歳以上64歳以下で健康保険に入っている方

第2号被保険者に関しては、老化が原因とされる特定疾病に該当する人のみ、サービスをうけることが出来ます。

第2号被保険者(40~64歳)で介護保険の対象となる特定疾病

末期がん
脳血管疾患(脳出血、脳梗塞など)
筋萎縮性側索硬化症(ALS)
パーキンソン病関連疾患
脊椎小脳変性症
多系統萎縮症(シャイ・ドーレガー症候群)
糖尿病性腎症・網膜症・神経障害
閉塞性動脈硬化症
慢性関節リウマチ
後縦靭帯骨化症
脊柱管狭窄症
骨粗鬆症による骨折
早老症(ウェルナー症候群)
初老期における認知症 ※1
慢性閉塞性肺疾患 ※2
両側の膝関節や股関節に著しい変形を伴う変形性関節症

※1…アルツハイマー病、ピック病、脳血管性認知症、クロイツフェルト・ヤコブ病など
※2…肺気腫、慢性気管支炎、気管支喘息、びまん性汎細気管支炎

介護保険は手続きなしで加入となりますが、要介護認定を受けなければ活用することが出来ません。よってまずは要介護認定をうけることが必要となります。

また、要介護認定には日常生活の見守りや支援を必要とする「要支援」と、介護が必要とされる「要介護」に別れています。これらはそれぞれ症状に応じていくつかの段階に分けられています。(下記参照)

軽い 重い
要支援 要介護
               

 


 

  • 介護に関する無料相談受付中 0774-54-7232

  • TOPへ戻る